幼児期からの早期英語学習のメリットとデメリット

>

早期英語教育で懸念されるデメリット

日本語の発達を阻害する可能性

早期の英語教育の最大のデメリットと考えらえれるのが、「日本語の発達を阻害する可能性」があるという事です。
これは決して「日本人なんだから日本語を第一にするべき」という考えで言っているのではなく、英語と日本語が両方とも未熟な状態になってしまう可能性の事を指しています。
我々は言語を使って思考しているので、言語能力が未熟だと論理的に考える事が苦手になってしまう事が懸念されます。
このデメリットに対する対策としては、「英語はスクール、家庭では日本語」などと言うように、メリハリをつけて会話する事が重要で、お子さんが英語と日本語で混乱しないように気を付ける必要があります。
実際には、家庭ではお子さんが英語で話してきても「日本語だと何て言うの?」などと、あえて英語を使わない態度を取る必要があります。

早期の英語は嫌になる事も合わない事もある

早期の英語学習を自分の意志で受けているお子さんは恐らくほとんどいません。
つまり親御さんの意思で英語学習をスタートさせているのですが、当然自分の意志で始めた事では無いので、辞めたいと言い始める事もあります。
この時親御さんは悩むと思いますが、最終的には辞める事も考慮しながら話し合う必要があり、もし本当に辛そうだったら辞めさせてあげましょう。
いやいや続けた結果、英語の能力は他の子よりも少し高いのに、英語自体が嫌いになってしまう事も多いようです。

また、英語スクールは嫌いじゃないけど、合わない子も当然存在します。
その場合は早期学習は英語だけでは無いので、もっと他の事を親御さんも一緒に見つけてあげて下さい。


この記事をシェアする