幼児期からの早期英語学習のメリットとデメリット

>

幼児期からの英語学習が子供に与えるメリットとデメリット

英語教育の変化について

社会情勢の変化が教育を変化させることがあると思いますが、特にコミュニケーションツールである語学は、その変化が大きいのが特徴です。
近年、小学校、中学校の義務教育における英語教育に大きな変化が起きています。
文部科学省が2018年から英語コミュニケーション能力の向上を目指して、「英語で討論できる、交渉できる事」を目標にした実践的な英語教育を推進しています。
また義務教育で英語教育の始める年齢も小学校3年生に下がり、中学校では討論などを中心にした「よし実践的な英語学習」に重きを置かれた英語学習が進められる予定です。

社会において英語教育の早期化が進む中、幼児期の英語学習について真剣に考える時が来たのかもしれません。

幼児教育の英語スクールの選び方について

「早く英語教育をしてあげて、お子さんに素晴らしい未来を」というのが親御さんのお気持ちだと思いますが、スクールや英語学習については焦らず、真剣に選ぶ必要があります。
そこでスクールや英語学習についてご紹介いたします。
まず「スクールは、体験して先生と教育方針で選ぶ事」です。
お子さんが英語に好きになるかは「英語が好きは、スクールが好きで、スクールの先生が好き」という図式を親御さんがしっかりと理解しているかに掛かっています。
その為、英語スクールを探すときは、お子さんと親御さんが一緒に体験学習などに参加して、先生の様子、教育方針、そして最も大切なのはお子さんが楽しく取り組んでいるかを見極める必要があります。


この記事をシェアする