幼児期からの早期英語学習のメリットとデメリット

英語教育の変化と幼児期の英語スクールの選び方

「近頃、日本に海外の方も増えてきたし、子供に英語でも習わせようかしら」、「子供に英語を習わせたいけど、私自身はあんまり英語が得意じゃないんだけど、良い英語スクールはどうやって見つけるの?」、「英語は早く始めないと意味がないって聞いたんだけど、何でなの?」、「日本語が上手く話せない時に英語を学んで、何か影響はないの?」日本の変化に伴い、英語を求められる状況も多くなり英語教育も変化しています。
またお子さんの将来を考慮して早期に英語教育を始める親御さんたちも多く、このような疑問を持つ方も少なくありません。
そこで、このサイトでは、日本の英語教育の変化と良い英語スクールの見分け方、早期英語教育が持つ利点と早期英語教育によって想定される欠点について詳しくご紹介いたします。

近年日本の教育で最も求められ、かつ変化しているのは英語教育についてだと言われています。
英語教育の変化と早期に英語教育を始める際に、通う事になる英語スクールの見分け方についてご紹介いたします。

多くの方は早期に英語教育を始めた方が良いと言う意見を聞いたことがあると思います。
その理由、「早期に英語教育を始めると脳と心に大きなメリット」がある事についてご紹介いたします。

反対に早期の英語教育に対して否定的な意見を聞くこともあると思います。
その意見の多くは根拠のない事が多いのですが、真剣に懸念されるデメリットとその対処法についてご紹介いたします。

おすすめリンク

幼児教室の必要性とは

なぜ必要なのかをきちんと理解しておこう、幼児教室で教育を受けることの必要性についてご説明します。

幼児期からの英語学習が子供に与えるメリットとデメリット

世界のグローバル化や、日本の観光化、外国人労働者の受け入れなど社会情勢の変化に伴い、国内での英会話などの指導方法も変化してきています。 また親御さんの中には英語の必要性を感じて、お子さんを幼児期から英語スクールに通わせたい方も増えています。 そこで英語教育の変化と英語スクールの選び方をご紹介いたします。

早期英語教育は脳と心に変化が生じる?

早期に英語教育えお始めるメリットは脳と心の変化にあります。 脳の変化とは英語を聞き取れる「英語耳」、英語の意味を直接考えられる「英語脳」、心の変化は「英語を好きになる事」と「多様性のある考えを持てる事」これらのメリットについて詳しくご紹介いたします。

早期英語教育で懸念されるデメリット

早期英語教育で懸念されるデメリットで最も重大なのは「日本語の発達を阻害してしまう可能性」です。 このデメリットが重大なのは、日本語が苦手になる事だけではなく思考能力に影響をあたえる可能性があるからです。 また他にも「自主的な学習では無い事」、「子供に合わない可能性がある事」についてご紹介いたします。